スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

Ashes to Honey: For A Sustainable Future

Do we have a sustainable energy future?
mitsubachi
A story of people straggling to built an energy independent society in Sweden and in Iwaishima, a little island in Japan.



Synopsis:
The film "ミツバチの羽音と地球の回転" focuses on people's life in two totally different places: Japan and Sweden. In Japan, people in a small island Iwaishima is facing a nuclear energy plant construction just in front of their island. On the other hand, in Sweden nuclear energy generation was abandoned by national election in 1980. Since then people in Sweden have been trying to achieve an energy independent and sustainable society. Both are facing one question.
"What should we do for our energy future?"



About Kaminoseki Nuclear Power Plant (Since 1982):
A plan for building a nuclear power plant in Tanoura, Kaminoseki town in Yamaguchi prefecture was planned by Chugoku Electric Power Co. Inc. Japan. For 28years people in Iwaishima acted against the construction of Kaminoseki Nuclear Power Plant in front of their village just 3.5 Km away. The sea near there is a biodiversity hotspot of the Seto Inland Sea.

Trailer:





Story:
28 years ago, a nuclear energy plant project started just in front of our island Iwaishima. People in the island have been objecting to this construction project. Imagine what will happen if we allow it to be build. In the near sea, varieties of sea creatures are living. Organic loquats have been planted in the island for more than 1000years. Thanks to all the blessings of nature, people have been sustained their life in this small island. However, it will be destroyed. By reclaiming the beautiful bay for a nuclear energy plant, all the fishes will disappear, the ecosystem will be destroyed.
My name is Takashi. I'm the youngest worker in this island living with my wife and children. I'm thinking what we should do for our future. The clue should be in Sweden. I know that, unlike in Japan, in Sweden, local energy production are supported to create an energy-independent society. Thus, Sweden, as a county, is shifting towards a sustainable society. People in Sweden, for example, have a right to choose their electric energy.
What about in Japan then? How can we shift our energy policy? What can we learn from Sweden? And what will happen for our future in this small island, Iwaishima?



Message from Hitomi Kamanaka, the director:
Since I created the previous film "Rokkashomura Rhapsody", I faced to the fact that how we should choose our energy for a better future.
We are living in a period where the environmental problems are no longer a problem in a single country but a problem we have to deal in an international context. However, it is inevitable that human-beings give certain impacts on the nature and environment in order to live. We are facing a dilemma. I wanted to challenge the dilemma by creating this film "ミツバチの羽音と地球の回転" and ask to all the people watch it, "How can we shift to a better society?".

In the film, I feature that one way to shift to a better energy use is to learn from a remarkable case in Sweden, where national election was held to abandon nuclear power generation and a plan for achieving a society independent from fossil fuel by 2020. As researching about Sweden, I learned that its high level of social trust by transparent government and highly developed human rights are one of the main reasons for their successful energy shift. Sweden has been gradually economically growing, but at the same time successfully reducing its CO2 emission and achieving high quality of social supports such as welfare services. Why it is so different compared to Japan? What is the difference between this two developed countries?

On the other hand, in Japan, a construction plan for building a nuclear energy plant in Kaminoseki town, Yamaguchi prefecture is in process. The plant is planned to be constructed by reclaiming a beautiful bay in Setouchi-sea. Since 28years ago people living in Iwaishima have been opposed to this plan. Iwaishima is located in the opposite side of the bay and therefore the planned nuclear energy plant. People there know what happen if the plant were built. Fishes will disappear. Diversity in ecosystem will be destroyed. Fisher mans there, who have been provided fresh fishes to our table can't fish any more therefore they loose their works. Their life will be no longer sustainable. Despite their objection, however, the construction plan is still in progress.

I travelled over 8000 Km to record different life of people living in a very different location and background and combined into a single film. Sweden and Japan, we are very different, yet we are the same human-beings. I hope you will enjoy this film and let's think together about what we should do for a better future.


Other films by Hitomi Kamanaka:
『ヒバクシャ 世界の終わりに』
『六ヶ所村ラプソディー』 (Rokkashomura Rhapsody)
kamanaka


Schedule: From February 19th (Sat.)
Saturday and Sundays: Starts from 10:00/12:40/15:50/18:30
Weekdays: Starts from 10:30/13:10/15:50/18:30
*On Mondays, from 10:30 with Japanese subtitles

*Talk lives on On Saturdays and Sundays
2/19 (Sat.): Talk by Hitomi Kamanaka(director)
2/20 (Sun.): Talk by Candle JUNE (a candle artist) and Hitomi Kamanaka (director)
2/26 (Sat.): Talk by Shinichi Nakazawa (ANthropologist) and Hitomi Kamanaka (director)
2/27 (Sun.): Talk by Hitomi Kamanaka(director)
3/5 (Sat.): Talk by Mika Tsutsumi (Jounalist) and Hitomi Kamanaka (director)
3/6 (Sun.): Talk by Takashi Uesugi (Jounalist) and Hitomi Kamanaka (director)
3/12 (Sat.): Talk by Kayoko Ikeda (Translator) and Hitomi Kamanaka (director)
3/13 (Sun.): Talk by Tetsuya Ikeda (Officer at Institute for Sustainable Energy Policies) and Hitomi Kamanaka (director)
*All the talk lives are given right after 12:40's film

Theatre: Shibuya Eurospace (渋谷ユーロスペース)
www.eurospace.co.jp
Tel: 03-3461-0211


Ticket information:
In advance: 1400YEN (available at Eurospace)
Current ticket: 1700YEN / Students: 1400YEN / Senior: 100YEN / Members: 1200YEN / High School Students : 800YEN / Junior High School Students: 500YEN / Disabled persons: 1000YEN

Links:
Official web site: http://888earth.net/
Official blog: http://888earth.net/staffblog/
Official Twitter account: @888earth
Facebook page: http://www.facebook.com/pages/mitsubachino-yu-yinto-de-qiuno-hui-zhuan/167827863262895
Director's Twitter account: Hitomi Kamanaka

For more information, go to: http://888earth.net/

スポンサーサイト
.03 2011 未分類 comment0 trackback0

chaos

もう4月だ。

やりたいことだか、やらなければいけないことだか、ゴッチャになってるがリストを。

・8月からの留学準備
・古典を読む
・経済、経営について学ぶ
・留学後の計画
・りこさ(サッカーサークル)の最後の大会に向けて
・楽器をやる
・学生団体NAGURIスタート
・単位とる
・バイト→留学資金


留学はSWEDENのUniversity of Gothenburgに1年間行きます。さらに留学に関するリストを作ると…

・英語(特にSpeaking&Writing)
・スウェーデン語
・経済、民族について学びたい
・現地の情報集め
・スウェーデン関係のイベントに参加する
・帰国後の計画(院試or就活)
・単位互換はどーなってんだ


特に、英語がなぁ。先日スウェーデン人(スウェーデン語と英語両方できる)の知人と電話で話したんだけど、自分のスピーキング能力の低下に驚愕した。。会話と会話のつなぎとか全然出来なかった。
イギリスに住んでた時に身についた英語力でなんとか今までやってきたつもりだったけど、確実に衰えてる。なんとかせねばーー

本とPodcastで頑張ります。『英語で考えるスピーキング(ウィリアム A.ヴァンス、ダイヤモンド社)』が結構おもしろい。
ドクター・ヴァンスの 英語で考えるスピーキング―すらすら話すための7つの思考法ドクター・ヴァンスの 英語で考えるスピーキング―すらすら話すための7つの思考法
(2009/02/16)
ウィリアム A. ヴァンス

商品詳細を見る


スウェーデンは基本的にスウェーデン語と英語が通じるけど、去年旅行で行った時に感じたのは、スウェーデン人は当然スウェーデン語を好んで話すし、スウェーデン人同士ならもちろんスウェーデン語。だからスウェーデン語も勉強したい。スウェーデン語の響きが好きってのもあるけど。

そして、
NAGURIの方はというと、卒業生が抜けて若干カオスですが中心になって再び動き出したいと思う。ここは常に一番挑戦してる場でありたい。失敗を恐れずチャレンジしたい。

きっと留学までの4ヶ月はあっという間でしょう。走り抜けつつ、たくさんのものを拾いたい。


よくばる。


しっかし如何せん時間が足りない。笑
.13 2009 未分類 comment0 trackback0

意味

もはやTRAINという要素は無いに等しくなった、このBLOG...w

まぁ物事なんてそんなもんだろう。最初に思ってた事はそれが進むにしたがって変化し、最後には思いもよらない方向にいってしまう。

母親がよく、今日の献立は○○ね。って言うけど、宣言通りの料理が出て来た試しがない。
ホワイトシチュー→→→刺身、カキフライ→→→煮魚なんて。関連性が全く見えん。。

人生そんなもんだ

と母は笑う。ほんとそんなもんだ。

最近色々なものが同時に押し寄せすぎて、うまく対処できていない。もともとそんなにキャパ無いのに、最近色々な事に手を出しすぎて毎日に余裕がない。定期試験(真っ最中...)、サークル、学生団体、そろそろバイト、留学、...。
よく、優先順位をつけるのが下手と言われる。(一人からしか言われないけど、その人の言葉は自分の中ででかい。)今、何をしなきゃいけないのか、判断が出来ないわけじゃない。でも目の前の事に流されてしまう。甘えてしまう。

大学に入ってから、自分自身との葛藤に弱くなった。積極的な人間になったっていう面では、強くなったけど。対外的には少し強くなった。けど、対内的にはすごく弱くなった。自分自身に厳しくなくなったな。このままいくと、追いつめられなきゃ何もできなくなってしまいそうで。追いつめられて、直前になんとか間に合って、、、、ってやってきたけど、そのうち間に合わなくなってしまいそう。うーーんなんとかしなきゃだ。
誰かにいい方法教えてもらいたいが、所詮は実践しなきゃいけないもんだからなぁ。教わっても、それを自分で実践しなきゃ、身にならない。インプットしてもアウトプットせな。大学の授業もそうだ。講義聞いて、ノートとってもさっぱり。テスト期間になって実際に勉強しだして、ああ、なるほどって思うことが殆どだ。そうなってくると勉強って楽しい。

って話それすぎた。
器用に色んな事をこなしていく必要もないんだろうけど、今何が一番大事かって判断が出来ることは大事だ。でも、「今」もそうだけど、「未来」も見なきゃ。将来を見据える、なんて大それたことはまだ出来なくとも少し先を見据えて、今を生きる。

今を生きる。




あぁ、『意味』について書こうと思ったのに...。物事なんてそんなもんだ。
.01 2009 未分類 comment0 trackback0

Time is...

おとといを振り返る~

2限に出る。構造デザイン、まぁ要するに構造設計ですよ。デザインて聞くと美術系とかそういうようなイメージだけど、実際は構造力学のようなもんで。式覚えて計算。板書にも美意識が全く感じられない。アートのかけらも無い。いや、もしかしたら、あのぐっちゃぐちゃな板書は芸術なのか。まぁとにかく板書とるのに頭使う授業です。

その後、テスト勉強。教え方が不親切すぎる科目にイライラする。

その後は自分が関わっている学生団体のミーティングに。少しずつ形になっていく企画。そして関わる時間も増え、もはやテスト勉強する暇ねー。ほぼ毎日ここの人達とは会ってます。

そして、帰宅。いつもなら帰宅ですが、そこからの、更にミーティング。

結局、メンバーの人んちでオールでミーティングすることに!

しかし、明日は英語のテスト&英語のレポート提出。
英語のテストは何とかなるが、英語のレポートがやばいのだ。
テーマは、既視感について。俗にいうDeja vuってやつ。
前日までに友達50人に送っておいたアンケートを集計して、まとめる。
終わらん。思いつきで調べ始めたけど、かなり興味深いテーマ。
既視感をトレーニングすることで、高齢者のボケ防止につながるかも?ってすごいな。
結局、ミーティングは1時間しかできず、残りは英語レポートに。

朝6時にやっと終わる。

そしてまた大学へ。

2限の土の力学こと、土質力学は出ない。勝手に土と話しててくれ。
3限の英語テストは、始め10分ぐらい寝てしまったが、なんとかできた。よし。
4限の英語レポート提出。提出があっさりしすぎて、拍子抜け。
終わって教室から出ようとすると、チョコレートおばさん登場。他のクラスのネイティブの先生だが、チョコレートを配るためだけに来てくれたらしい。いい人だ。
5限は再び、板書がもはや芸術的な授業の演習。そして今日は新事実発覚。
その先生は、漢字が読めない。プリントを返すときに、皆の名前を間違えまくる。とにかく間違える。8割間違える。「音読み」というものが日本語にはあることを知らないようだ。もちろん先生はネイティブジャパニーズスピーカー。いいのか早稲田。
かなり衝撃的な1時間でした。

その後は、学生団体の定例ミーティング。最近みんなと毎日会ってる感覚です。楽しい。

今一番欲しいもの、時間。


京浜東北線がアツいんじゃないかと思い始めた今日この頃。
.22 2009 未分類 comment0 trackback0

2009 始動

ようやく2009年が始まりました。

年が明けてから、家でゴロゴロと過ごしてたんで良い機会になった。

今日は高田馬場まで行きました。久しぶり(といっても1週間くらい)に乗る電車は、長かった。こんなに東京は遠かったっけ。

ということでここらで、2009年の抱負を書いてみよう。

今年はもっと成長したい。なんだかんだ自分てまだまだダメだって思うことが多すぎる。新しい環境に飛込んだり、新たな出会いだったり、去年は少しずつ幅が広がった。

けど、もっと広い世界がみたいなぁ。

とにかく視野は常に広く、いろんな事に目を向けながら生きていきたい。そして今年はその一つ一つを大事にしていきたい。幅広く動きながらもちゃんと一歩一歩進んで、時に振り返る。

とまぁだいぶ抽象的だけど…
こんな1年が過ごせたら最高だわさ。

具体的には秋から始まる瑞典での生活を充実させたい。そのために今から準備しなきゃ。
まずは日本にいる残り8ヶ月をどうすごすか。

まずはバイト探しだな。随分遠ざかってたから、結構足が重いが…

新たな環境に飛びこもう!!
.04 2009 未分類 comment0 trackback0
 HOME 

FC2カウンター

プロフィール

littlehawk

Author:littlehawk
スウェーデン・イェーテボリ大学留学後、本格的に海外展開したいと考えています。

旅の記録・日々感じたこと・勉強していること・イベント告知・・・ジャンルはごちゃ混ぜです。

留学全般、特にスウェーデン、北欧諸国についてのご相談、英語学習についてのご相談など何でも気軽にコメントを下さい。

Hello, hej, hola!
I'm a student in Tokyo, Japan.
This blog is used as a place to express my daily thoughts, about my academic studies, and about my travel experiences to Europe(19 countries)/Asia/Africa/America, etc. Recently, I try to write what I've experienced in Gothenburg/Göteborg, Sweden, where I was studying for one year, 2009-2010.

My interests:
Sustainable development issues, complementary currencies, community currencies, eco-village projects
My hobbies:
camping, cycling, and other outdoor activities, paying football
Places I've been:
Sweden, Norway, Denmark, Iceland, UK, Ireland, France, Germany, Spain, Italy, Poland, Czech, Slovakia, Hungary, Romania, Bulgaria, Turkey, Estonia, Kenya, India, United Arab Emirates, Oman, Thailand, Korea, China
Languages: trying to learn Swedish, Spanish, Chinese

I'm trying to update this blog in both languages Japanese and English!
Plz contact me:)

Updated photos

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。