スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

Fortified City

=城塞都市

現在、都市計画の課題レポ作成中・・・8割がた終わったかな。
テーマは「城塞都市について」。

早くから文明が発達していたメソポタミア、エジプト、小アジア、ギリシアでは紀元前13世紀よりも前から神殿を中心の城塞都市が発達していたという。

メソポタミア地方の国々は粘度をこねて、天日にさらし固めた煉瓦を建材にして都の周囲に長い、厚い、高い、強固な壁を一重、二重に築いた。「創世記」の中にこの建材を使って、バベルの塔の建設に取りかかった描写がある。
Noahの子孫であるNimrodは人々とともにバベルという王国を創設した。
「彼らはお互いに言った。さあ煉瓦を作ろう。煉瓦をよく焼き上げよう、と。彼らは煉瓦を焼いて石の代わりにし、粘土をこねてモルタルの代わりに使った。そして彼らはこう言った。さあ、みんなで都を作ろう。それに天井が天に届く塔もね。名前をつけよう。私達が地球の上一帯に、バラバラに散らばされないようにね。」
バベルの塔は、神がいる天に至る塔、すなわち神の門(Babylon)であった。
しかし、神は天まで上がろうとした人間を戒め、彼らを分断して話す言葉を互いに理解できないようにして、塔の建設を不可能にしたのだった。


古代の歴史を読んでいると面白い、カタカナがたくさん出てくるから覚えにくいが。

今、同時に『ヒストリエ』という漫画も読み始めたところだ。

今回、城塞都市というテーマで古代のことを調べていたら、ちょうどこの漫画の舞台ともリンクしているから尚おもいしろい。


'And they said one to another, Go let us make brick, and burn them throughly. And they had brick for stone, and slime had they for mortar. And they said, Go let us build a city and a tower, whose top may reach unto heaven; and let us make us a name, lest we be scatered abroad upon the face of the whole earth'
スポンサーサイト
.14 2009 Study comment0 trackback0

Social Entrepreneur

田坂広志氏の講義を受けた。

かなり印象に残った言葉の多い講義だった。

・Find Your Own Uniqueness
・Define Your Own Success
・愛とは、関係を絶たぬこと。
・一つの技術で社会を変えようとすると、社会のシステムにぶつかる、そして、文化にぶつかる。
・自分が世の中のために何ができるか。その志を持ち続けることができるか。
・自分の心が動く生き方に従う

もう自分も20歳。主体的に生きたいと思う。
先日別の授業で、自分の夢についてプレゼンした。
昨年は「自分は何でもやれるんだ」という内容だった。
1年経った今思うのは、軸が欲しい。自分の納得できる軸が。それが『志』であろう。
友達からは、軸があるとか、君の軸はこんなだって言われることが多いけど、自分の中ではしっくりこない。腑に落ちない。それは、まだ自分のことをきちんと見つめることが出来ていないからなのかもしれない。けれど、去年と比べたら前に進んだ。
もっと色々な人と出会いたい。その中で、自分を見つめ直したい。

そんなことを思った講義だった。


.28 2009 Study comment0 trackback0

東京国際空港D滑走路

20090425174238
建設外工事の見学に行ってきました。

2010年に完成するらしい。
15社もの建設関係の会社が共同で請け負ってるらしい。統制とるの大変だろうな。

実際に動いてるプロジェクトを見学したのは初めて。今まであまり自分の学んでいる分野に興味をもてなかったが、本物を実際に目の前にすると、やはりすごいなって思う。改めて土木分野が扱う規模の大きさを実感した。

そして、
説明して下さった方々が、自分の仕事に誇りをもっているのを感じた。

将来どんな仕事をするにしろ誇りをもちたいと思った今日この頃でした。


写真は、滑走路の下の部分。多摩川の流域と重なっているため、一部が埋立ではなく桟橋形式をとっているそうです。
.25 2009 Study comment0 trackback0

ナンバ

今日の3限の授業。William Reed氏の講義だった。
Reed氏はW大学出身の方で、文武両道の達人。
http://www.entrepreneurscreativeedge.com/

講義の中で、ロジャー・ハミルトン氏のケンブリッジ大学の学生時代の話があった。
ロジャーくんは建築学部に所属しているが、ボート部に没頭する毎日を送っていた。建築学部は宿題や課題が多く(うちの大学の建築学部もやばいみたいねw)大変なのに、そんな事はそっちのけでロジャーくんは部活に夢中だった。ある日、それを見かねたある教授がロジャーくんを研究室に呼び出す。そして本棚にあった『The Principle of Relativity』を指差し、「これを書いたのは誰かわかるかな?」とロジャーくんに聞いた。ロジャーくんは「Albert Einsteinです」と答えた。教授「じゃあこの本をAlbert Einsteinはどこで書いたかわかるかな?」
ロジャーくんはそこまではわからず、「わかりません」と答える。すると教授は床を指差した。つまりあの有名なEinsteinはここでその本を書いたのだという。

これはイギリス人はストレートに物事を言わないっていう例えでもあるらしいのだが、
要するに教授はそれだけ歴史と威厳のある場所で学んでいるということをわからせたくて、その上で、ロジャーくんに建築の勉強を取るのか、ボート部を取るのか、どちらかはっきりしろ。と言いたかったらしい。
その後その話は、いかにロジャーくんが両立していくかっていう風に展開していき、

つまりAかBかではなくBothをやればいい

ということに帰着する。


今の自分の状況を考えると、まさにそれが当てはまる。もっとも、自分の場合はAもBもではなく、AもBもCもDも…とカオスな状況の中にいるわけだが。

そこで、
授業後質問をしてみた。
「AもBもCもDもやりたいことがあって、一度に4つも5つもやりたいことがある場合、何に気をつけたらいいか」

「僕もだよはっはっはっはっ」って肩を叩かれたw気さくな人だ。

かなり長いこと話して頂いたんだが、
みんなはこう関わっているからという固定観念にとらわれず、やりたいことへの関わり方に自分なりの"ルール"をつくること、だそうだ。
こういう風に関わらなきゃいけないという決まりは、自分にとってのルールではないから、それを自分で決めればいいと。

実際に経験してみることも大切と仰ってた。Reed氏はかなり沢山のことを経験されて来たようで。すごい人だ。


*その他印象に残った言葉*
・Move Less, Attract More 不動の収穫

・ExperienceはBest Teacherではなくて、Worst Teacher

・Your Blog is Your Brand

・ナンバ歩きの7つの秘訣
○ねじらない
○手と足を連動させる
○上半身と下半身を繋げる
○踏ん張らない
○足のリズムを保つ
○軸を保ちながら小走りする
○音楽に合わせて歩く
(ナンバ歩きについてはhttp://www.nanba-walk.net/を参照。)

・名人に大股なし

・雰囲気を感じる人になれ。"丹田"で感じる。



久しぶりに面白い講義だった。

マインドマップ、マンダラチャートhttps://www.mandalachart.net/やるか。


Your Blog is Your Brand
書き続けよう
.20 2009 Study comment0 trackback0
 HOME 

FC2カウンター

プロフィール

littlehawk

Author:littlehawk
スウェーデン・イェーテボリ大学留学後、本格的に海外展開したいと考えています。

旅の記録・日々感じたこと・勉強していること・イベント告知・・・ジャンルはごちゃ混ぜです。

留学全般、特にスウェーデン、北欧諸国についてのご相談、英語学習についてのご相談など何でも気軽にコメントを下さい。

Hello, hej, hola!
I'm a student in Tokyo, Japan.
This blog is used as a place to express my daily thoughts, about my academic studies, and about my travel experiences to Europe(19 countries)/Asia/Africa/America, etc. Recently, I try to write what I've experienced in Gothenburg/Göteborg, Sweden, where I was studying for one year, 2009-2010.

My interests:
Sustainable development issues, complementary currencies, community currencies, eco-village projects
My hobbies:
camping, cycling, and other outdoor activities, paying football
Places I've been:
Sweden, Norway, Denmark, Iceland, UK, Ireland, France, Germany, Spain, Italy, Poland, Czech, Slovakia, Hungary, Romania, Bulgaria, Turkey, Estonia, Kenya, India, United Arab Emirates, Oman, Thailand, Korea, China
Languages: trying to learn Swedish, Spanish, Chinese

I'm trying to update this blog in both languages Japanese and English!
Plz contact me:)

Updated photos

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。