スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

カウチサーフィン (Couch Surfing) 実践編

「旅×カウチサーフィン」第二弾!

今回は、カウチサーフィンを使ってどのように「タダで旅行を楽しむか?」について書きたいと思います。ただし、前回の記事でも書きましたが、「タダ」という点だけを求めてカウチサーフィンを使うのは、個人的にカウチサーフィンの本当の魅力を使いきれていないと思います。安さだけを求めるなら、個室があるホステルに泊まる方が結局は楽。あくまで、ソーシャライズ、交流するためのツールだということです。そのあたりについての私の考えは前回の記事に書いてあります。

順を追って要点だけ紹介します。※海外に旅行中もしくは旅行企画中の日本人向けです。

0.アカウントを作る
たしか登録の際にDonation(寄付)のお知らせが出てくると思いますが、しなくてもアカウントは作成可能。

1.プロフィールに情報を書き込む
カウチサーフィンのプロフィール編集のページはとても細分化されていて、かなりごちゃごちゃしています。しかし、できるだけしっかりと内容を書くべきです。自己紹介、趣味、今までに旅した場所、、、などの内容を充実させると、それだけ他の人との共通の興味・関心が重なる場合があり、コミュニケーションの助けになります。自分が他人のページを見たときに、自己紹介も何も書いてない人よりは、プロフィールの内容が充実している人に好感を持つように、自分のプロフィールを充実させることが、カウチサーフィンの第一歩だと思います。
ちなみに、言語(Languages)欄のレベルがエキスパート・日常会話程度・初心者の三つに分かれています。母語はもちろんエキスパート、で問題ないですが。母語が英語で無い人の場合、英語のレベルはどうしよう・・・?というのはちょっとした悩みですよね。海外の人は、けっこう皆さん思い切って「エキスパート」としているように感じます。外人独特の自信でしょうか(笑)実際にTOEIC何点以上がエキスパートなんて決まっているわけではないし、要するに口頭でのコミュニケーションが問題なくできれば、エキスパートでOKだと思います。私はこのレベル分けは「自信」の度合いだと思います。

2.泊めてくれる人を探す(or 会ってくれる人を探す)
さて、実際に自分が旅行中(もしくは旅行を計画中)で、泊めてくれる人や会ってお茶でもしてくれる人を探しているときに、どういう風に探せばよいのでしょうか?検索方法などの技術的なことはさておき、今回は「見るべきポイント」を紹介しようと思います。

a. 言語(Languages)
当然、お互いの間に共通の言語がないとコミュニケーションできません。多くの人が「英語」を話せると思いますが、そうでない人もたくさんいます。また、各言語のところに小さく「exp」(=エキスパート)「int」(=中級)「beg」(=初心者)とありますので、相手のレベルもわかります。共通言語をしゃべる人を見つける。これは大原則ですが、もう一つとても有効な方法があります。それは、「日本語をしゃべる人を見つけること」です。海外にはそれなりに日本語を勉強している人がいます。特にあまり日本人がいないような場所では、日本語学習者にとって日本人と直にしゃべれる機会はとても貴重です。そういう人を選ぶということは、相手にも日本語の練習というメリットがあり、自分は泊まらせてもらえるということで、双方にとってプラスになる可能性が高いです。私がトルコを旅したときに、日本語を勉強している大学生(男性)をカウチサーフィンで発見し、コンタクトした結果、数日間受け入れてもらえて、その方の家族とも楽しいひと時を過ごせました。いまでもまだメールをやり取りをする仲になっています。日本語をぺらぺら話せる人なんて海外ではかなりレアですから、逆にそれを利用すれば、いろんな人に歓迎されるかもしれませんね。

b. 自己紹介項目
自己紹介(Personal Description)、CSでの経験(CouchSurfing Experiences)、趣味(Interests)など、本人が書き込める欄のことです。ココを読めば大体その人がどんな人かわかります。外人はけっこうはっきりとしているので、「○○○な人は泊められません」という風にはっきりと書いてある場合もあります。

c. 評価(他人からの紹介項目)(英語表記:References)
評価(Reference)の欄は必ずチェックするべきです。これは、過去にその人にホストされた人による評価です。(mixiでいえば紹介文のようなもの。) この評価が多い人、高評価を得ている人は一般的に信頼できると考えられるでしょうね。

d. Couchリクエスト返信率(英語表記:Couchsurf requests replied to)
リクエスト=「泊まってもいいですか?」という問い合わせのことです。つまりリクエスト返信率が100%に近い人ほど、OKがもらえやすいということです。

e. 最終ログイン(英語表記:Last login)
当然、最終ログインが最近の人ほどカウチサーフィンを頻繁にチェックしている可能性が高いので、急ぎのときなどは最終ログインが最近の人にコンタクトを取る方がよいでしょう。

3.メッセージを送る
どの人にコンタクトするかを決めたら、とりあえず「メッセージ」を送る。カウチのリクエストをいきなり送るよりも、まずはメッセージを送った方がよいと思います。自分は何者で、何人で旅している、いつごろまで滞在したい、泊まりたいorカフェでお茶でも、、、など細かい要求をメッセージに書いてから相手に判断してもらうほうが親切だと思うからです。その際に、相手の興味関心があることと関連した内容を盛り込むとよいかと思います。たとえば、相手が料理好きだとすれば、「日本料理を教えられます。」、相手が日本語勉強中なら、「日本の文化を教えられます!」など、どんな些細なことでもよいので、自分との共通点を相手に示すことはとても重要だと思います。

まとめると、
自分のプロフィールを充実させる
あいてのプロフィールをよく見る

この二つは当たり前なことですが、加えて
”日本語”をうまく活用する
ということを心がけると、日本人ならではの強みが活かせるのではないでしょうか。


とりあえず今回はここまでです。次はいつ更新するかわかりませんが、カウチサーフィンをきっかけに、言語もわからない、英語も通じない国でも、良い思い出ができてますます旅が楽しくなる、そんな可能性もなきにしもあらず!
英語が通じる国であれば、がんがん英語を使って話しかけに行ったり、バーやクラブで友達を作ることもそんなに難しくはないはずです。(あとは勇気次第。。)ですが、言語が全くちんぷんかんぷんな国だと、そもそもコミュニケーションが成り立たない場合があるので、英語が通じない国でこそ、カウチサーフィンはバリューを発揮すると思います。そんな国で日本人という利点を生かして、旅を存分に楽しむ事も可能にしてくれたという点では、カウチサーフィンは素晴らしい。あとは、しっかり見極めれば最大の問題である安全性もクリアできるはずです。しかしながら、当然トラブルに巻き込まれる可能性もなきにしもあらず、ということを付け加えておきます。
スポンサーサイト
.05 2011 comment1 trackback0
 HOME 

FC2カウンター

プロフィール

littlehawk

Author:littlehawk
スウェーデン・イェーテボリ大学留学後、本格的に海外展開したいと考えています。

旅の記録・日々感じたこと・勉強していること・イベント告知・・・ジャンルはごちゃ混ぜです。

留学全般、特にスウェーデン、北欧諸国についてのご相談、英語学習についてのご相談など何でも気軽にコメントを下さい。

Hello, hej, hola!
I'm a student in Tokyo, Japan.
This blog is used as a place to express my daily thoughts, about my academic studies, and about my travel experiences to Europe(19 countries)/Asia/Africa/America, etc. Recently, I try to write what I've experienced in Gothenburg/Göteborg, Sweden, where I was studying for one year, 2009-2010.

My interests:
Sustainable development issues, complementary currencies, community currencies, eco-village projects
My hobbies:
camping, cycling, and other outdoor activities, paying football
Places I've been:
Sweden, Norway, Denmark, Iceland, UK, Ireland, France, Germany, Spain, Italy, Poland, Czech, Slovakia, Hungary, Romania, Bulgaria, Turkey, Estonia, Kenya, India, United Arab Emirates, Oman, Thailand, Korea, China
Languages: trying to learn Swedish, Spanish, Chinese

I'm trying to update this blog in both languages Japanese and English!
Plz contact me:)

Updated photos

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。