スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

First Exam in SWEDEN

スウェーデン、ヨーテボリに来て1ヶ月が過ぎ、最初のEXAMです。
授業は以前書いたSwedish Group Psychology in Comparative Perspective。Group Dynamicsについて学ぶ授業。
この授業は、主にSeminarが中心で、4、5人のグループで"Group Dynamics"というテキスト(600P)を読み、その内容についてディスカッションするという内容。
俺のグループは日本人2人、スペイン人、シンガポール人、スウェーデン人2人という構成。
実際、最初は集団心理の本の内容から入り、最終的には何でもありの議論になっているのが常。笑
やはり本に書いてあることはかなりCommon Senseばかりで、実際の生活と状況が違うことを指摘したり、本に書いてある内容を批判したりすることも多い。
でも、スウェーデンのこと、ヨーロッパのこと、トピックは幅広く、毎日楽しみながら議論できています。
そして何より、英語で自分の意見を言う、という場としてかなり勉強になる。


スウェーデンの大学のシステムは、日本とは異なり、
基本的には1科目7.5単位で、期間は1か月。日本と比べるとかなり集中的。
1年が2セメスターに分かれていて、1セメスター(約4ヶ月)に30単位が通常の取り方である。
つまり、7.5単位の科目を4つ取ると30単位になるので、
1つの科目を1ヶ月やり、次の科目を1ヶ月、、、、というように集中的に学んでいる。なので基本的には一ヶ月中は一科目の授業を週に2、3回やりながら進んでいく。日本のように同時に多くの科目を取り、テストは学期末というシステムではない。一つを終え、また一つ、、、という具合。
中には2ヶ月間の授業で30単位というモノもあったり、15単位だけど2ヶ月に渡るモノ(その場合は一ヶ月あたりの授業数が通常の半分なので、2科目同時に取ったりもできる)もある。
かなり複雑。
なので、自分は今、9月から始まったSwedish Group Psychologyの科目のみで、週に授業は2回。暇かと思いきや、大量のページを読まなくてはいけなかったり、科目によってはAssignmentがあったりで、なかなか忙しい。
この授業は基本的に3時間。
LectureやExerciseのときは先生が45分授業+15休憩で進んでいくことが多い。基本的に先生によるが、こっちの授業は長いので休憩が必ず入る。

早稲田での英語の授業で、1.5時間の授業なのに英語の先生が休憩を必ず取っていたことを思い出す。単に自分がタバコすいたかっただけだろうが。。。笑

そして10月からはLocal Government in Transitionという授業が始まる。


さてさて、というわけで、早速初めてのテストというわけですが、
Examは全部で5つあり、
この授業最初の3回の授業はディスカッション形式のExamなのです。つまりOral Examination。
教授と一対一で質問形式ではなく、
クラス内である範囲内の本の内容に関連した議題についてディスカッションをして、その中でどれだけ発言ができるかを先生がみる、といった形式。
しかもその「ある範囲内」というのが集団心理について200Pくらい。。。
そして、日本ではこのような形式はやったことはないので、かなり緊張した。
あらためて"Exam"といわれりゃ、緊張するっしょ。
先生曰く、それも見越した上で、"Exam"と呼んでいるらしい。心理学の教授は恐ろしいですな。

内容はクラス(20人前後)を2つにわけ、さらに二分し、5人前後のグループで2つのTaskをこなすというものだった。
一つ目は、Conflict Management系

Discuss how you would design a conflict management program for this group. Two departments (sales and customer support ) in a large multinational software organization have repeatedly over the past 5 years had conflicts regarding the promises made concerning products sold and the reality of these off the shelf products when they are used by customers (the products often fall short of the promised performance). Sales managers say Support have no understanding for the fact that they need to get the products sold, Support staff complain that they are misusing customer credibility which will damage the company. Several ambitious employees have already quit, and the groups view each other with deep distrust.
Management wants you to implement a program to deal with these difficulties. You have 40 hours to work with this group, and can use the time as you see fit.

というのが与えられた状況。コンサルタントやん。。

二つ目は、Team Building系

You have been called in to prepare a research group consisting of scientist and military personnel working to gather information about submarine drug traffic off the coast of Venezuela.
Prior to the assignment your input is required to design the common staff space for the submarine and the isolation containment facility. You will also be asked for input on team composition.
In preparing the 12 men ( 3 military male staff, 3 non military male staff ) and women ( 3 military female staff, 3 non military staff ) for a 6 week trip in total isolation, 4 of which will be in a submarine, and the remainder with no contact with the outside world, discuss which aspects of psychology would you need to train/educate these people about?
Staff will be mixed nationalities, comprising technical signal staff, captain, data analysts, and underwater human intelligence officers.

People // Environment( Circumstance ) 2方向からどう設定するべきか、議論がかなり錯綜した。。。

そして5つのうちの最後の2つは筆記試験。しかも全てを忘れ去ったであろう10月末に行われる。勘弁してくれ。

次回のOral Examは、""No End In Sight""という映画を観て、それとテキストで学んだことをどう応用するか、という内容の試験らしい。

さてさて、そんな感じで次回もどんな内容だったか書こうと思います。

今回の試験の最後に、先生Jeremyが、
Terms or Strategies written in the textbook are totally useless.
But thinking and discussing about how to apply these theories are useful and important.
と言っていたのが印象的だった。


Vi ses!!!
スポンサーサイト
.01 2009 Study in Sweden comment0 trackback0

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://inthetrain.blog67.fc2.com/tb.php/30-cd030e9a

FC2カウンター

プロフィール

littlehawk

Author:littlehawk
スウェーデン・イェーテボリ大学留学後、本格的に海外展開したいと考えています。

旅の記録・日々感じたこと・勉強していること・イベント告知・・・ジャンルはごちゃ混ぜです。

留学全般、特にスウェーデン、北欧諸国についてのご相談、英語学習についてのご相談など何でも気軽にコメントを下さい。

Hello, hej, hola!
I'm a student in Tokyo, Japan.
This blog is used as a place to express my daily thoughts, about my academic studies, and about my travel experiences to Europe(19 countries)/Asia/Africa/America, etc. Recently, I try to write what I've experienced in Gothenburg/Göteborg, Sweden, where I was studying for one year, 2009-2010.

My interests:
Sustainable development issues, complementary currencies, community currencies, eco-village projects
My hobbies:
camping, cycling, and other outdoor activities, paying football
Places I've been:
Sweden, Norway, Denmark, Iceland, UK, Ireland, France, Germany, Spain, Italy, Poland, Czech, Slovakia, Hungary, Romania, Bulgaria, Turkey, Estonia, Kenya, India, United Arab Emirates, Oman, Thailand, Korea, China
Languages: trying to learn Swedish, Spanish, Chinese

I'm trying to update this blog in both languages Japanese and English!
Plz contact me:)

Updated photos

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。