スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

12 ANGRY MEN

ついに3つ目の試験。。。二回目から3日しか経ってないのに。。。

今回は白黒映画 "12 Angry Men"を観ました。そして恒例のグループでのディスカッション。

この映画は、少年犯罪の陪審員12人の葛藤を描いたもの。
少年が父親を殺したという場面も、証言も、現場すら映されない、
終止、陪審員が議論・口論している場面である。
心理を分析するにはもってこいですな。

証言、証拠、少年のあいまいなアリバイなど、少年に不利な状況から、
大多数が有罪を確信するが、ただ一人、証言などに疑問を持ち無罪を主張する。
(正確には、検討・議論の余地がある、という感じだが。)

個人的問題の矛先を少年に向ける男
裁判のことよりも早く野球観戦に行きたい男
自分のビジネスのことで頭がいっぱいな男
移民かなにかで英語にコンプレックスをかかえる男
汗をかかないという男
暑苦しい室内

様々な要素が絡み合いながら物語は進んでゆく。
非常にストレスフルな環境と議論がいったりきたりする苛立から、
怒鳴り合いながら、取っ組み合いながら、の話し合い。

Majority対Minorityという対立だけでなく、
Interpersonal Conflict/Influenceもあり
だんだんとMinority (not guilty)が優勢になってゆく。

no.8=最初に有罪に異論を唱えた人物のリーダーシップを分析してみた。

He was consistent
showed a democratic leadership
open-minded to other opinion
react positively to others and let every one to state own opinion
task-oriented ( actually he was also relation-oriented )

彼の強いLeadeershipにより、徐々に11人に変化が現れる。

また、ほんの小さなことだが、咳止めの飴が信頼関係を現しているようで、おもしろかった。


今回の議論では、
Isolation, Inclusion, and Exclusion in the group
How do they feel when people is isolated from other members?
Social Relation
Obligation
Identity
What phases did this group go through?
How can we trust or distrust the members?

という内容について話し合うように指示された。
過去2回と同じグループで話し合ったが、
このグループには、
十年前に心理学を学びスウェーデン人と結婚しこちらに移り住んできたイギリス人Peter(おそらく子持ち)
Volvoの会社でマネージャーを務めている(だか務めていた)スウェーデン人の女性(50歳くらい)
エストニア人の女性と、日本人の女性という構成で、
過去二回は英語がめっっっっちゃ速くてほとんど聴き取れないPeterがファシリテーター的な役割でグループの話題を引っ張っていくが、今日は何故か冒頭に、「今回は誰かファシリテーターを決めよう」と言い出し、またPeterになりそうだったので、「俺が」と名乗り出た。
しかし、Peterもスウェーデン人女性もなかなかのくせ者で、(特にスウェーデン人女性)かなり自分の話題に固執するタイプなので、話が行ったり来たり・・・全くコーディネートもくそもなかった。
しかし、英語で何かをorganizeすることはなかなか大変ですね!

試験とは言えど、なかなかおもしろい一日でした。

さてさて、こうして3つのOral Examinationが無事に終わり、あとは一週間後の筆記試験を残すのみです。

頑張るぞー

12 Angry Men [DVD] [Import]12 Angry Men [DVD] [Import]
()
Martin BalsamJohn Fiedler

商品詳細を見る
スポンサーサイト
.09 2009 Study in Sweden comment2 trackback0

comment

とほりんこんにちはー
みずきin Japanだよ。

すんごく楽しそう!
でもきっとchallengingなんだろうね。

わたしは最近英語がらみで落ち込むことがたくさんあって、萎えてます。
でもやっぱり留学したーいととほりんのブログ読んでて思ったよ。

残りのテスト頑張ってね;-)


それから中城家の車はボルボです
managerさんによろしく!笑



2009.10.10 00:27 | URL | みずき #- [edit]
やっほー
元気かな?

次のLocal Governmentっていう授業で、自分がいかに日本のことを知らないかを痛感してます。。。政経たすけてー。

英語、頑張って。
スウェーデン人いわく、英語が一番上達するのは、映画を英語で、英語字幕で観ることだってさ!ちなみにスウェーデンでは海外の英語はスウェーデン語に吹き替えないらしい。だからみんな英語がペラペラなのかもしれない。

Volvo関係者が3人もクラスにいるよ 笑
ちなみにこっちの車は左ハンドルで、ほとんどがマニュアルです。

2009.10.13 01:41 | URL | Tohori #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://inthetrain.blog67.fc2.com/tb.php/33-df935e78

FC2カウンター

プロフィール

littlehawk

Author:littlehawk
スウェーデン・イェーテボリ大学留学後、本格的に海外展開したいと考えています。

旅の記録・日々感じたこと・勉強していること・イベント告知・・・ジャンルはごちゃ混ぜです。

留学全般、特にスウェーデン、北欧諸国についてのご相談、英語学習についてのご相談など何でも気軽にコメントを下さい。

Hello, hej, hola!
I'm a student in Tokyo, Japan.
This blog is used as a place to express my daily thoughts, about my academic studies, and about my travel experiences to Europe(19 countries)/Asia/Africa/America, etc. Recently, I try to write what I've experienced in Gothenburg/Göteborg, Sweden, where I was studying for one year, 2009-2010.

My interests:
Sustainable development issues, complementary currencies, community currencies, eco-village projects
My hobbies:
camping, cycling, and other outdoor activities, paying football
Places I've been:
Sweden, Norway, Denmark, Iceland, UK, Ireland, France, Germany, Spain, Italy, Poland, Czech, Slovakia, Hungary, Romania, Bulgaria, Turkey, Estonia, Kenya, India, United Arab Emirates, Oman, Thailand, Korea, China
Languages: trying to learn Swedish, Spanish, Chinese

I'm trying to update this blog in both languages Japanese and English!
Plz contact me:)

Updated photos

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。