スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

電話インタビュー 後編

準備プロセスを経て、ついにインタビュー開始。
大学の電話を使って、リストを片っ端からこなしていきます。ボルボ、SKF、ステナラインなどよく聞く会社から政府機関まで、大体70社近く。

言語は「極力英語」。もちろんスウェーデン人へのインタビューなので、英語のインタビューを断られることもあります。
スウェーデン人とペアを組んで電話するとスウェーデン語の時の方が相手の対応がいいな、って事に気づいて凹みます。が凹んだってスウェーデン語はしゃべれません。

一番何が大変かというと、
ヨータ川のことをGöta Älvというのですが、カタカナで読むと「ヨータ アルヴ」ですが、厳密にはスウェーデン語の発音とは程遠い・・・イントネーションも違う。電話越しなので更に伝わりづらい。更にひどいのは、ヨータ川という代わりに「ヨーテボリの川」という意味でriver in Gothernburgというのでも通じるはずですが、日本人の苦手な“L”と“R”の発音が混ざってしまい「Liver」(”肝臓”などの意味)になってしまいます、「River」ではなく。一応俺はこの“L”と“R”の区別はできるようになっていたはずですが、電話越しだからか、インタビューということで緊張してるからか、なぜか面白いように「Liver」になってしまうみたいです。

つまりヨーテボリの“肝臓”なんのこっちゃっていう話ですよね、相手からしたら。


もう一つ、いらいらすることは、なかなかインタビューまでたどり着かないこと。
企業・団体・政府の受付にまず連絡し、俺らのプロジェクトに協力できそうな人につないでもらいます。「その分野(開発・環境系)には詳しくないから、他部署の人につなぐよ」と言われ回しにまわされるか、「会議でいないから後日連絡くれ」といわれるのが常です。

その都度、名乗り、大学のプロジェクトであること、プロジェクトの内容、インタビューのお願い、、、というプロセスを延々繰り返します。1時間電話して3,4社にコンタクトできればいい方で、そのうちインタビューまで到達するのは1件くらいです。
時には、電話インタビューを断られ、「メールにしてくれ」と言われますが、またここで問題なのはメールアドレスを聞き取ること(もしくは伝えること)。特にスウェーデン語と英語でアルファベットで若干発音が違うものがあるので、それを聞き取るのはかなりの難関。

例えば、
「G」は英語読みでは「ジー」に近いですが、スウェーデン語では「ギー」に近い発音になる。
「H」は英語では「エイチ」ですがスウェーデン語では「ホー」
というように、かなり差があるものも多い。
その都度、「Gothenburg」の「G」に、、、なんていわなきゃいけないので大変です。

「@」だって「アットマーク」と何回言っても伝わらないし。
「.」(ドット)に関しては「プンク」なんて言い出すから、もはやカオスですね。
同じ要領で、相手の名前を聞き出すのも超難関。とくに「Å」「Ä」「Ö」という微妙な音は俺には無理。


というように、なかなかすんなりといかなかった電話インタビューでしたが、ひとつだけ楽なのは、「敬語」を使わなくていいこと。

もちろん英語には丁寧な言葉や、相手に失礼にならない言い回しはありますが、スウェーデンでは上下関係がすごく薄いので、日本ほど気にしなくていい。

実際、スウェーデン人がインタビューしているのを横で見てると、ボルボの社員にまるで友達と話しているかのように聞こえます。前にも書いたと思いますが、教授と学生の関係もすごく近いし、言葉遣いもほとんど変わらない気がします。

言い回しに気をつけるよりは、「はっきりと伝えること」が大事だな、とこのインタビューを通して思います。

何でインタビューをしたいのか?何を聞きたいのか?

わかりやすくはっきりと言ういい練習になった。


さて、そんな感じで3週目が終わりました!
Have a nice weekend!
スポンサーサイト
.16 2010 Study in Sweden comment2 trackback0

comment

大変そうやけど、おもしろそう!日本の施策とだいぶ観点が違う。
強み、弱み、脅威、機会って項目がスウェデッシュ(?)やなー。
プロジェクトマネジメントって最終的にはどういうこと決めんの?
都市計画?
2010.04.19 18:52 | URL | reo #- [edit]
SWOTは普通にグローバルな方法だと思うけどね。
プロジェクトマネジメント俺らの場合は、ゴールを持って、評価する基準を定めて、シナリオを作成することで、一つの可能性を社会に示すが一連のプロセスかな。
その舞台がヨーテボリの川沿いのエリアで、持続可能な開発というテーマでやってます。
2010.04.20 16:33 | URL | tohori #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://inthetrain.blog67.fc2.com/tb.php/91-5ca00de2

FC2カウンター

プロフィール

littlehawk

Author:littlehawk
スウェーデン・イェーテボリ大学留学後、本格的に海外展開したいと考えています。

旅の記録・日々感じたこと・勉強していること・イベント告知・・・ジャンルはごちゃ混ぜです。

留学全般、特にスウェーデン、北欧諸国についてのご相談、英語学習についてのご相談など何でも気軽にコメントを下さい。

Hello, hej, hola!
I'm a student in Tokyo, Japan.
This blog is used as a place to express my daily thoughts, about my academic studies, and about my travel experiences to Europe(19 countries)/Asia/Africa/America, etc. Recently, I try to write what I've experienced in Gothenburg/Göteborg, Sweden, where I was studying for one year, 2009-2010.

My interests:
Sustainable development issues, complementary currencies, community currencies, eco-village projects
My hobbies:
camping, cycling, and other outdoor activities, paying football
Places I've been:
Sweden, Norway, Denmark, Iceland, UK, Ireland, France, Germany, Spain, Italy, Poland, Czech, Slovakia, Hungary, Romania, Bulgaria, Turkey, Estonia, Kenya, India, United Arab Emirates, Oman, Thailand, Korea, China
Languages: trying to learn Swedish, Spanish, Chinese

I'm trying to update this blog in both languages Japanese and English!
Plz contact me:)

Updated photos

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。